武豊町 パチンコ バイト

武豊町 パチンコ バイト

南軍の街のとある邸宅で

 マリアはすっきりとした面持ちだった

 それを冷めた眼差しでフィリアが見遣る

あなたも好きかも:パチンコ 物語 シリーズ
「悪(あ)し様に言われてましたが」「ん?」「来てくれるでしょうか」「来るわよ」 マリアは自信満々で胸を張る

 その根拠は、短い期間だったがタガネの旅に同行した経験からだった

彼は傷心した人間を見捨てられず、気遣うように行動している

 今回も、ケティルノース討伐の件で困っていることは、先刻の呼びかけで十全に伝わったはずだ

あなたも好きかも:パチンコ やめ られ ない 女
 ……そう、思っている

 それを聞いていたミストは無表情だった

「マリア」「何よ」「それだと来ないと思います」「何でよ!?」「まるで決闘の申し込みみたいです」 その意見に

 マリアは自身の発言を思い返す

「そう、なのかしら?」「……………」「ま、アイツならわかるはずよ!」 委細タガネの解釈に委(ゆだ)ね

 マリアは快活な笑顔になった

 ほとほと呆れたミストが杖を抱いて嘆息し、椅子の一つに腰を下ろす

 北に向けて発した言葉より、タガネも声音から三人であり、また要件についても察知するだろう

 ただ伝え方が問題だった