ジュエル・オブ・アテネ

ジュエル・オブ・アテネ

 そしてボールが蹴られるたびに、その方向へと走っている

「……疲れた」 当たり前だ

「パスコースやボールの出方を見て動けばいいでしょ」「そんなの、知らない」 燃え盛る瞳をボールへ向け、肩で息する天才少女

 どうも、下らない事で熱くなる傾向があるからな

 その間にも相手チームは壁パスを使って、頼りないながらも前進をし始めている

 しきりに指示を送る七尾君

あなたも好きかも:韓国 カジノ 状況
  ちなみに大石君は、サトミよりワンテンポ送れてボールに向かっている

あなたも好きかも:スロット 化物語 天井期待値
 いや、ツーテンポかもしれない

 それはともかく、私もボールを追おう

 スライディング、気味な動きでボールをカット

 また上がる悲鳴

 どうも評判が悪いな

 でもいいや、ボールは取れたから

あなたも好きかも:11月11日 パチンコ
 さてと、七尾君はゴール前で移動無しか

 マンツーマンなら抜く自信はあるけれど、ゴール付近には人が多過ぎる

「サトミ、センタリング上げて」「出来ないわ、そんな真似」「いいから

ボールの下辺りを、インサイドで思いっきり蹴ればいいから」 サトミの叫び声も無視して、逆サイドへ走る