スロット 緑ドン viva

スロット 緑ドン viva

お姉ちゃん、とはもしかしてあの刻印の名前の主だろうか

僕は気になったことも口にせず、彼女が全部吐き出すのを待つことにした

「数年前にね

事故があったの

あなたも好きかも:ブラックジャック クイーン
お姉ちゃんは私を庇って……だから……私はお姉ちゃんの代わりに……私が…………頑張らなきゃ……」 細腕が一層強く僕の服を掴む

嗚咽を必死で抑え込みながら喋る彼女の言葉は聞き取りづらかったが、それでも僕は耳を傾け続けた

あなたも好きかも:有楽町 パチンコ
「だけどね……私は必要ないの

あなたも好きかも:バンドル 手数料
私が勝手にやってるだけ

皆は前いた大人のところへ行って、神官様や神父様も協力して

私がいなくったって街は守られて、回っている」 それは……つまりあのサインした申請書にも、聞いて回って算出した収入と課税の資料も

彼女が嬉しそうに作っていた住民票にも意味は無かったと言うのか

そんなこと……「私はね、要らないの

この街は私がいなくても回っている

ううん、私のいないところで回っているの

だからね……私は————」「——っ! やめろよ! そんなわけ——っ⁉︎」 僕の言葉を聞くよりも先に彼女は笑い出して、夢中で抱きしめていた僕の腕を離れて壊れてしまった様に声を上げて笑い続けた

「——あはははっ! ひぃひぃ……はぁ

なんだ、大したことないのね

うん、決めたわ

アギト、あの巾着持ってる?」「あ、ああ