スロット 地獄

スロット 地獄

青色によってもたらされる感情や意識が嫌いなのだ

 いつそれを意識したのかは覚えていない

気付いたら青色が嫌いになっていた――けれど、でも、だとすれば幼少の頃はどうだったのだろうか

あなたも好きかも:アリア2 パチンコ
 思い出された古い記憶は、神社の境内で大人と将棋を指していた情景

 見上げた空は澄んだ薄い青色で、遠くまで続く様子から、ああ

 ああ、そうだ

あなたも好きかも:キャッツアイ スロット
 その時には既に、昨日と何も変わらないただの空だと、思っていた

あなたも好きかも:dd スロット
賢しいとは言えない子供だったのだろう、けれどそれを口にしても意味がないことくらいはわかっていた

 ――あの空と同じものがこの盤面の上にはある

 ならばこの抱く嫌悪も、この盤上にあるのだろうか

 手を伸ばしても決して届かない空

 此岸から見るだけで泳ぎ至ることもできない彼岸までを隔絶する青の水

 彩ることに錯誤しながらも似たものしか作られない偽りの青薔薇

 いくら井戸の底からそれを見続けようとも、憧れを抱こうとも、そもそも底から這い出たところで、その色は遠すぎて

 己の手の中には決して入らず、隣に居ることもない

 ――視野を狭く持ってはいけない

一手を指したいのならば、指したい一手のための布石を指さなくては

 どういう意味だろうか

 一手のための布石を、布石のための布石を、そうして考えると頭がぐるぐると混乱する