勉三さん ブラックジャック

勉三さん ブラックジャック

皆が貴方に会えるのを楽しみにしているのです

諦めて、歓待されてください」 考助は、助けを求めるようにシュレインを見たが、両手を合わせながらこちらを見ていた

 さらに一緒に来ていたミツキを見たが、こちらは完全に面白いものを見る表情になっていた

あなたも好きかも:オンラインゲーム ラグ 確認
 助け舟が来ないことを悟った考助は、諦めたように溜息を吐いた

「・・・わかりました

もう逃げませんから、放してください」 ゼネットは、未だ考助の服をつかんだままだった

あなたも好きかも:パチンコ マイカップ
これは失礼しました」「まあ、コウスケ殿が思っているようなことは起こらなんよ

皆ただ単純に、コウスケ殿に感謝したいだけだの」「・・・感謝?」 考助にしてみれば、そこまで感謝されるようなことをした覚えはない

「何を言うておる

散り散りだった一族がこうして集まれたのは、間違いなくコウスケ殿のおかげだぞ?」 シュレインの言葉に、ゼネットが同意するように頷いていた

「ましてや、これだけの城を持てましたからね

歴代の王でもトップを争うほどでしょう」「へー・・・そうなんだ

あなたも好きかも:スロット キン肉マン 夢の超人タッグ編 ゾーン
・・・って、そう言えば、歓待ってことは料理とかも出る?」「勿論用意しております」「・・・という事は、他のメンバーも呼びたいな」「それなら吾が呼んで来よう

ゼネットは、コウスケ殿とミツキ殿の案内を頼む」「かしこまりました

コウスケ殿、ミツキ殿、こちらになります」 ゼネットは、一度シュレインに対してきれいに頭を下げて、考助たちを歓待会場(?)へ案内したのであった