攻殻機動隊2 スロット 万枚

攻殻機動隊2 スロット 万枚

あなたも好きかも:スロット 身を滅ぼす
 罪悪感が紛れる? やっと楽になれる? ゆっくりと休む? 穏やかな顔で? 僕たちが憧れて目指した『本当の』と名の付く存在は、そんな誰かの作った流れ(・・)に身を任せて生きる者ではない

「どうしてだ!? おまえも、俺を殺してくれは……――っ!?」 セルドラは呼び続ける途中、止まった

あなたも好きかも:スロット 烈火
 何かを感じて、急ぎ、振り向いた

 視線の先、遠くに魔法の扉(コネクション)があった

 その下に広がった血溜まりから、いま這い上がろうとする一人の男がいた

 血塗れのファフナー・ヘルヴィルシャインが、早くも帰還していた

 上半身を出して息を整えつつ、99層の状況を把握して、困惑している

 そう簡単に、いまの状況は分らないだろう

 しかし、そのファフナーの困惑を無視して、セルドラは歓喜して懇願する

「ファフナー!? 清掃員(ネイシャ)の地獄から戻ってきたのか、ファフナー!! 流石は、全ての『魔人』の希望の光! 心臓を失えども、毅然と地獄を歩み続ける者! おまえでもいい! もういい! 早くロードの願いを! 『セルドラ』たちの願いを叶えてやってくれぇえええっ――!!」 ファフナーでも自分を殺せると気づいているのだろう

 なにせ、いま99層の地面から伸びた『黒い糸』は全て、セルドラに絡まり、繋がっている

あなたも好きかも:期待 値 パチスロ
 『黒い糸』は元々、ファフナーの『呪術』『血術』による発案だ

 ファフナーでも、どれか一本に触れれば、あの凶悪な振動は流せる

 それをファフナーは、誰よりも分かっている

 いまセルドラを殺せば、僕の身体の治療が間に合うことも

 セルドラの願いとやらを叶えれば、僕と二人で(・・・・・)カナミ君のいる100層に辿りつけることも

 誰よりも分かって、ファフナーは呟き始める