スロット 朝一 恩恵

スロット 朝一 恩恵

「こんな感じかね」「お前、淫魔の少女に迫られて何も思わんかったのか」「別に」「本気か?」「身辺を脅かすってのに、男も女も関係なんざ無いだろう

夜の寝台に忍び込んで来れば、闇討ちと相場は決まってる」「……さてはお前、恋を知らんな」「は?」「そうか、そうか

あなたも好きかも:ギルティクラウン スロット 光る
ふーん」 侍女長が顔をしかめる

あなたも好きかも:スロット チェリー 取りこぼし
 国王のにやついた顔をタガネが一睨みした

「バカにするな」「ほう?」「俺だって人間、色恋なん……て…したこと、ある?」「駄目だな」 国王が食卓から立ち上がる

あなたも好きかも:ブラックジャック ウェブ
 タガネも口元を拭って続いた

「タガネ、書斎へ来い」「もう寝る」「恋について、知りたくないか?」「いや、別に」「色恋沙汰にある程度の理解が無いと、いつかそういった事を利用した詐欺なんかに寝首を掻かれるぞ」「は、はあ」 タガネは半信半疑で応えた

 色恋沙汰で厄介を被るタガネの前途を案じているというより、語りたいのだと国王の目が爛々(らんらん)と光っていた

 国王の気迫に

 タガネは渋々と彼に付き合った

 その夜

 夜が明けるまで恋物語の朗読会に参加した

 成果として、女性が『乱暴でよく怒る上に嫌いと言いながら構ってくる』のは、好意の証であることだけ

 それから数年後