スロット is

スロット is

「待って

まだコマツから裏社会への関わりを聞きだしたり 六害についての詳細説明がまだよ」「聞いといてくれ……」クラーゴンは一瞬、唖然とした顔で俺を見て「もうっ

シズカちゃん、支えてあげて タカユキ様、倒れそうよ」「にい、大丈夫?」「う、うん……外の空気を吸おう……」コマツは何も言わず、部屋から出ていく俺たちを見ていた

玄関から外へと出ると、マイカが上空を見上げていた

「……なあ、意外と、この街って脅威に晒されてるんだな」支えてくれているシズカ姫に尋ねると「そうだね

あなたも好きかも:ディアウスピター スロット
すぐに叩き潰せる脅威はリングリングや 歴代の戦闘力の高い人たちが何とかしてるけどね

 七害と云われているのは、それとは別に簡単に解決できない 厄介な代物なのは確かだよ」「……年代で……入れ替わり……ある……」マイカは空を見上げながら補足する

あなたも好きかも:俺の空 スロット 4号機 中古
私の前の七害だった幽鬼は、子供の頃の私が 先生と一ラグヌス(年)かけて頑張って排除したんだ」「凄いじゃないか」倒せないわけではないようである

ちょっと希望が見えてきた

シズカ姫はさらに恥ずかしそうに「その後、しばらく七害はずっと空席だったんだけど ここ数ラグヌス(年)、私がキョウで暴れていたら いつの間にか、私自身が七害目に……」「ま、まあ、とにかく、もうシズカ姫がそういうのと違うのは よく知ってるから、残りの六害を何とかしないと いけないよな……な、なあ、マイカ……」大仕事の前に休暇の許可をマイカに得ようとすると「……ダメだ……試しに……どれか……倒して……からだ……」「……一匹倒したら、家族としばらく休んで良いのか?」「……うむ……その間に……他の……調査も……できる……」よっし、やる気で出てきた

あなたも好きかも:スロット 緋弾のアリア 終了画面
サクッと、一番弱い奴を一匹倒して、家族との休暇だ!あっさり気力を取り戻した俺を見たシズカ姫が「にいも大変だね」クスクス笑いだす

「ど、どれから倒すんだ? 明日までには一匹倒して、休暇に入りたいと思うが……」マイカに近寄って尋ねると「……まずは……六害……バックハンド……から……だ…… ……私が……興味ある……」いきなり無茶なことを言ってくる

序列的には六体の内で最強のはずである

「いや待て

勝算がありそうな相手にしてくれ」「にいが居れば、どれでも勝てるって」「待て待て待てって