aタイプ スロット 2017

aタイプ スロット 2017

門は巨大だ

あなたも好きかも:ライブ・ドリームキャッチャー
それこそ、人間のためのものとは想い難い

グリフのような巨人の末裔にはちょうどいい大きさであり、もしかすると、巨人族の遺跡かもしれない、などと想像する

とはいえ、グリフですら巨人族の赤子ほどの大きさだというのがラグナの評価であり、仮に巨人族の施設だったのだとすれば、奇妙だ

巨人の末裔がグリフ以外にもいて、それらがこのような遺跡を作り上げたという可能性は、否定できないが

 そんなことを考えながら、門の中心に嵌め込まれた宝石を見やる

巨大な宝石は、ただそれだけでとんでもない価値がありそうだった

あなたも好きかも:カードカウンティング バカラ
透明度の高い宝石で、目を凝らすと、宝石の後ろ側まで透けて見えそうだ

そう、セツナが考えたときだった

セツナは、宝石の中に光が走ったのを見た

「え?」「どしたの?」 すぐ背後にきていたミリュウが、セツナの反応に不思議そうな顔をした

「いま、見なかったか?」「なにを?」「あの宝石が光ったんだよ」「光った?」「なんも見てねえぞ」「わたくしの目でも捉えられませんでしたが」「セツナの勘違いじゃないの?」「勘違――」 セツナが、皆の反応に憮然としたそのときだった

あなたも好きかも:ブラックジャック ウェブ
 門の中心に嵌め込まれた巨大な宝石の中に光が走ったのだ

光は一瞬にして複雑で細緻な紋様を描き出したかと思うと、さらに強烈な光を発し、セツナの網膜を白く塗り潰した

「――い……?」 セツナは、閃光の中でさきほどの言葉を続けながら、違和感に包まれた

異様な感覚だった

光に塗り潰された視覚のみならず、聴覚、触覚、嗅覚――ありとあらゆる感覚が強引にねじ曲げられ、内臓を鷲掴みにされたような錯覚に嘔吐感が生じる

それは、空間転移の際の感覚に極めてよく似ていた

世界からの断絶