黒崎 スロット

黒崎 スロット

名を持つということは個であること、名を持たずただ神と呼ばれるのは神という存在の集合、すべての神の統括、統合の存在なのです

火を細分化すれば様々な火系統の能力になるですが、先鋭化される一方能力は制限される

あなたも好きかも:パチンコ p4
より多様な能力を使うのであれば個の名前を持たずに力そのものを名乗るのです

あなたも好きかも:カジノ ヤクザ
あるいは力の根源そのものとして認識されるというのもあるかもなのですね」 神は名前を持たない……厳密には名前を持とうとしない、あるいはその持っている役割そのものが名前である、ということが多い

一神教であれば神は一柱なので名前を持たないということになるので少し話は違うが、例えば個の神……とある神話の神でシヴァとしよう

そうして名を持つことでその存在は個となる

まあその神の場合厳密にはもっと多様な神の集合とか、化身とか、側面、いろいろな要素があるので何とも言えないが……逆にそういった化身や側面などを個として考えれば、シヴァという存在は先の話で言う神という名前の存在、つまりは統合、集合した存在であると見れる

言うなればそれが神を個としない名前というか

しかしある程度は個でなければならず、それゆえに名前を持つ

それが今回の場合彼女の"幸福の救済者"になるわけだ

あなたも好きかも:中古 パチンコ 台 販売
もっともこれは自称だが

「でも、嘘はいけないのですよ

あなたの名前は"幸福の求罪者"なのです」「嘘ではありませんよ? 私は"幸福の救済者"と基本的に名乗っています」「そのやっていることが救済ではないからそうなるのです

まあ他称と自称が違うということになるですか

あと"悪意の救済者"と呼ばれることもあったのですね」「悪意だなんてひどい話です

私は本当に人々の幸福を望んでいるというのに」「自分でそれが悪だとわかっているからこそそういうふうに呼ばれるのです! 真実の救い、救済ではないと理解しているのじゃないですか!」「うふふ、そうですね」 "幸福の救済者"……改め"幸福の罪求者"

神の闇から生まれ、その闇にありながら人を救うためにその力を振るう悪の神……いや、悪ではなく闇の神か

彼女のそれは行動は悪であると認識していても、それは人々にとって救いであることには変わりない

正しくなくとも確かにそれは救いなのだ