ドバイ カジノ

ドバイ カジノ

「あら、おふたりさまでお出迎えでございますか?」「まあ、そういうところよ」「レムは知らないでしょ、シーラたちの部屋

あんたが出て行った後に決まったから」 ミリュウの説明によって合点がいった

そういうことならば、セツナの側につきっきりのミリュウまでもが出張ってきても不思議ではない

きっと、セツナに頼まれたのだ

あなたも好きかも:パチンコ 電 飾
セツナの頼みは断れないのが、ミリュウという女性だった

惚れた女の弱みというやつだ

 レムは、背後の喧騒に耳をそばだたせながら、ふたりに笑顔を向けた

ファリアが明らかに警戒したのがわかる

「そういえば、そうでございました

あなたも好きかも:スロット 夜
わたくしはてっきり……」「てっきり? なに?」「新たな恋敵に警告でも発しにこられたのかと」「はあ!?」「なにいってんの!?」「恋敵ってなんだよちくしょう!」 レムの一言に、ファリア、ミリュウ、シーラの三人がほとんど同時に素っ頓狂な声を上げた

「あ、一応申し上げておきますが、御主人様はわたくしのものでございます

あなたも好きかも:スロット 物語シリーズ セカンドシーズン 天井
どなたにも渡しませんので、あしからず」 告げて、レムはファリアとミリュウの間を縫って、通路を進んだ

シーラたちの部屋は分からないにせよ、泰霊殿にあるのは間違いないのだ

「レムー!」「レム、待ちなさい、レム!」「レムてめえ!」「シーラ様、いくらなんでも御屋敷の中でハートオブビーストは……!」「うふふふふふ」 レムは、背後から迫り来る三つの殺気に微笑みさえ浮かべながら、天輪宮の広い通路を疾駆した

セツナを取り巻く人間関係の複雑化は、レムに新たな楽しみを与えてくれるのかもしれない