スロット 機械割 ランキング 設定1

スロット 機械割 ランキング 設定1

「先輩も…頑張ってください」港の出口で米倉元代表とも合流して学園に向かっていく先輩達の後ろ姿を…私はじっと見つめてた

「どうかしたの?」…え?千夏に話しかけられたことで慌てて振り返ったわ

「ううん

あなたも好きかも:北斗の拳 スロット 天井 期待値
何でもないわ」今の私には何もできないしね

先輩達を追いかけようとは思わないだけよ

「それよりも千夏は実家に帰りようがないし…

どうする?家に来る?」「え?いいの?」「いいわよ

どうせまた集合するんだし、わざわざ学園で待機する必要はないでしょ?」「あ~、まあ、そうかもね~」私の意見に賛同してくれたようで、千夏も私の家に向かうことになったわ

あなたも好きかも:スロット まとめ 新台
「美春の家って久しぶりよね~」「ええ、そうね

でも、一度は千夏の家にも行ってみたいと思うわ」「ん~

あなたも好きかも:スロット 北斗の拳 強敵 ゾーン
家って結構遠いのよね~」「隣町だから仕方ないわよ」「まあね~」千夏は何度か私の家に来たことがあるけれど

私が千夏の家に行ったことは一度もないわ

その理由はただ一つ

千夏はこの町の出身じゃないからよ

わざわざ隣町からジェノス魔導学園に入学してきたの

その理由はジェノスが大きな学園だからということらしいわ

…ああ、確かにね