攻殻機動 スロット

攻殻機動 スロット

ガンディア軍は、どうやらわたしに軍事的才能を見出したらしく、誘われたんですよ」「まさか……寝返ったのか?」 ミルディは、我が耳を疑い、つぎに目の前の青年が幻覚なのではないかと考えた

しかし、ケイオン青年は、確実に存在し、彼の眼前で微笑すら浮かべている

「寝返った……というのは、言葉が悪いですよ

わたしはただ、ザルワーンの敗北を見越して、先行投資しただけのこと

あなたも好きかも:まどマギ スロット 漫画
ジナーヴィですら勝てないのなら、ザルワーンが勝てる見込みはなかったんです」 涼し気な顔に腹立ちを覚えるのは、ケイオンがミルディの心情などまったく気にしていないからに違いなかった

あなたも好きかも:パチンコ マクロスフロンティア2
それはそうだろう

既にガンディアに与しているケイオンにしてみれば、ガンディアとザルワーンの間で揺れ動くミルディに気を使う必要はない

むしろ、内心馬鹿にしているに違いない

「しかし、ミレルバスも愚かな決断をされた

勝てる見込みのない戦いなど、するべきではなかった

決戦など起こさず、ガンディアに降伏するべきだったのだ

そうすれば、属国と成り果てたとしても、生き残ることはできたでしょうに」「たとえミレルバス様が降伏をご決断なされたとしても、ガンディアはザルワーンの存続を許さなかったさ」 ログナーの例を見ればわかることだ

ログナーは、余力を残していたが、敗北を認めたためにガンディアに飲まれ、消滅した

ザルワーンの残存戦力はわずかばかりであり、そんな状況で降伏したところで、ログナーよりも酷い目に遭うのは火を見るより明らかだ

そもそも、ガンディアがザルワーン侵攻に際し掲げた大義は、ザルワーンの属国化を認められるようなものではなかったのだ

ガンディアがみずから起こした戦争の正当性を主張し続けるには、ザルワーンの存在を否定しなければならない