グラブル カジノ 777

グラブル カジノ 777

あなたも好きかも:朝顔に釣瓶とられてもらひ水 ブラックジャック
「さぁ、ローゼマイン様

あなたも好きかも:カジノ キングプロテア
あの敵に向かって!」 いつの間に準備がされていたのか、布でぐるぐる巻きにされている数体の物体をルーフェンが指差した

変形させた武器の性能を試すための本来の試験対象だろう

あなたも好きかも:moppy カジノ
騎士見習いらしき男の子が剣で斬りつけているのが見える

 ……よりにもよって、あのキリッとカッコよく強そうな男の子の隣に立って、水鉄砲をピュピュッと撃てと? すごくカッコ悪いよ、わたし! あまりにも間抜けな自分の姿が思い浮かんで、思わずふるふると首を振った

「ですから、ただのおもちゃなのです

これは武器として使えるような物ではございません」「そう言って新しい武器を隠し持つおつもりですか? さすがフェルディナンド様の愛弟子」「見せる必要がないだけで、隠すつもりなどございません」「では、ぜひ拝見したいです」 ルーフェンが目を輝かせてグッと拳を握った

「よしっ!」と言いたげな顔を見れば、水鉄砲に過剰な期待をしているのが嫌でもわかる

 こうなったら、見せてやるしかない

水鉄砲がいかに武器としては役に立たないおもちゃであるのか

 ……その期待に満ちた顔を失望で染めてやるんだから! 学生達が遠巻きになってこちらを見ている中、わたしは布巻の試験対象の前に立った

ゴクリと息を呑む音が聞こえる程の静寂が広がり、痛いほどの視線がわたしに、正確には水鉄砲に向けられているのがわかる

「では、いきます」 わたしは布巻の試験対象に向けて水鉄砲を構える

構えだけは完璧だ

そして、小さな引き金に指をかけ、ぐっと引いた

 ピシュピシュ! 勢いよく飛び出した水は試験対象にギリギリ届かず、ピチャピチャと音を立てて床に落ちていく