ヴァイキング・ゴッズ:ソー・アンド・ロキ

ヴァイキング・ゴッズ:ソー・アンド・ロキ

 サヤ、問題なかったようで何よりです

夕食の準備を手伝ってください」「あ、はいっ

ではレイシール様、部屋で休憩してくださいね

 今日はもうお仕事は駄目ですよ」 サヤがそう言って食堂に向かおうとし、扉に手を掛けてから動きを止めた

「あ、それから……

 ついてきてくれて、ありがとうございます

あなたも好きかも:朝1 スロット
 実はちょっと……不安だったから……」 心なしか頬を染めて、ちらりとこっちを見てから呟くように零す

 胸を弓で射抜かれたかと思うような衝撃だ

サヤがすぐ横にいたら、無意識に抱きしめてたかもしれない……そう思った

あなたも好きかも:いとしん スロットラボ
 そのまま照れたように、サッと扉の向こうに消えてしまう

 俺はヨロヨロと、おぼつかない足で二階に上がり、俺の部屋に戻る

そのまま寝室に行き、寝台に崩れた

 精神を相当削られた……