サムライスピリッツ スロット

サムライスピリッツ スロット

 最初ブラックホース達は、考助たちを認識した途端に、勢いよく向かって来たのだが、途中でその勢いを失った

 明らかにナナを意識したためだった

 だが、その時には既に遅かった

 考助が「好きに狩っていいよ」と言った瞬間から、蹂躙が始まった

 ナナと一頭目のブラックホースが交差したと思った次の瞬間には、ブラックホースの首が飛んでいた

 基本的にナナはその牙を使って狩りをするのだが、明らかに魔法的な何かも使っているだろう

 その光景を見たブラックホースたちは、すぐに逃げに転じたのだが、時すでに遅し

 あとはナナが好き勝手に、残りの五頭を狩って終わった

あなたも好きかも:カミュ バカラ 買取
 五頭は生き延びるために別々の方向に向かって逃げたのだが、結局全てナナに追いつかれて狩られてしまった

「・・・・・・なんというか、見事としか言えないですね」「あっという間だった・・・・・・」 ナナの戦闘を見たアリサとセシルの感想だ

「まあ、一対一で上級モンスターを圧倒できるくらいだからなあ」 考助にしてみれば、当然とまではいかないが出来るだろうなという感想だった

「上級モンスターを圧倒ですか」 セシルがその感想を聞いて、若干引き攣った表情になっていた

あなたも好きかも:ルーレット 控除率
 強いとは聞いていたが、そこまでとは思っていなかったのだ

あなたも好きかも:阿部 寛 パチンコ
 ブラックホースの傍で嬉しそうに尻尾を振っているナナの所まで行った考助は、その首筋を撫でて褒めてあげるのであった

ナナ無双でした

「おい、てめえ

無視してんじゃねーよ!」 考助はその声を聴き流しながら、「おお