スロット 内部当選

スロット 内部当選

 その葛藤が物語にぴりりとしたスパイスを利かせることになるのです

最後に 今回は「やりたいこととやらなければならないこと」について述べてみました

 人には「やりたいこと」と「やらなければならないこと」があります

 どちらを優先すべきか

あなたも好きかも:水戸 パチンコ ガディス
 この葛藤は物語に深みを与えてくれます

「やりたいことだけやればいい」という人物もいることでしょう

あなたも好きかも:オンラインゲーム 消費者センター
 ただそれだけだと深みがない

「やりたいことだけやればいい」と思いながら裏では「やらなければならない」出来事が進行している

 それが表出した際に、それでも「やりたいことだけやればいい」と思う人物には信念があります

「やらなければならない」出来事に対処しようとするのもひとつの生き方です

「やりたいこと」と「やらなければならないこと」のバランスをいかにとり、物語に葛藤を与えるのか

深みを作るのか

 そこが問われます

あなたも好きかも:土岐 パチンコ ケイズ
語り手視点は使いやすい 視点は大きく分けて「一人称視点」と「三人称視点」に分けられます

「三人称視点」のバリエーションで「神の視点」「三人称一元視点」「語り手視点」があるのです

 今回はそのうち「語り手視点」について述べてみたいと思います

視点のおさらい まずはおさらいになります

 小説を書くとき、読み手が主人公にいちばん感情移入しやすいのが「一人称視点」です