カジノ・ゾンビ

カジノ・ゾンビ

ちょっと考えればわかるよね?」「……」 それに対しては憎い相手ではあるが、同意せざるを得なかった

 ハイドラスが交渉の席を用意しようとしたのは、ヴァルハイツのみではない

 亜人種も変わらずに受け入れるという名目から、冒険者のエルフ達に書状を渡したりもしていたと聞いたことがあった

あなたも好きかも:北浦和 パチスロ
 だが返事が返ってくることはなく、そのうちその冒険者達も立ち入りを禁止されるほどだった

 その無言の肯定にはディーヴァ達も絶望感に浸り、アルビオを見る

「アハハハ

そんな顔して勇者君を見なくてもいいじゃない! 可哀想にねえ?」「勇者様も苦労が絶えねえなぁ

こんな無能共の尻拭いなんざさ! ケッハハハ」「……もう弱い者いじめは済んだか? お前の目的を訊こうか?」 強く睨みつけるアルビオを宥めるような仕草をとると、先ずは自分の計画とは外れていたことから説明する

「あの人工魔石のメッセージを聞いたなら知ってると思うけど、ボクには元々計画していたことがあった……」 それは龍神王の側で落ちていた記憶石による、アルビオ達に対する宣戦布告のことだろう

あなたも好きかも:花 の 慶次 スロット 戦 極め し
「獣神王か妖精王のどちらかを暴走させるつもりだったんだ

だから彼女達も動かしてたわけでね」 この時、アルビオが頭に過(よぎ)ったのは、操られた獣人達

「あのバーバルという女とジルバとかいう女を雇ったのは、お前か!?」「ああ、遭遇したんだったね

そうだよー」 あっさりと肯定

「それでね、チョロチョロと安定しない獣神王より、ある一定の場所を指し続ける妖精王の方が都合が良かったわけ! だけどさ……だけどさぁ」 我慢できないと再び嘲笑う