テラフォーマーズ スロット 評価

テラフォーマーズ スロット 評価

振り返るとベートーベンの肖像画も見慣れた高潔な表情に戻っている

「次は……」ウンザリしながら尋ねると「夜中に走り回る理科室の標本だけど そっちも多分、今のと根本は同じよ

 あの思念体が、理科室にも行って同じことしてるだけよ」「つまり、行かなくてもいいと」「うん

六つ目に行きましょ、体育館の用具室に出てくる生首ね」「……もう、怖いんだが……あの、それ、俺も行く必要あります?」「こんな楽しいデートを中断する理由があります?」キラキラした目でモンスターサイコは尋ねてきてパッと手を離すと、次の瞬間には真っ黒な体育館の中だった

時間停止で強制的に連れてこられたらしい

「おい……」尋ねる間もなく、用具室の扉の前に腕を引っ張られていく

あなたも好きかも:パチンコ トラマツ 嫁
椿は、言葉を発する事も逃げる事もできなかった

僅かでも体を動かせば、短剣《ダガー》が喉に食い込むだろう

あなたも好きかも:パチスロ デビルマン 評価
 エマとリヒターも動けない

無論、いざとなれば少女に飛びつく覚悟はあったが…今の状況では、少女を押さえるよりも早く短剣《ダガー》が椿の喉を切り裂く可能性が高かった

あなたも好きかも:シンフォギア パチンコ 勝ちやすい
「もう一度聞く

お前、何者だ」 少女の鋭い視線が椿を射抜く

 ――どう答えるべきか

椿は逡巡する

 こちらの立場を聞かれた場合は、『自分たちは宝石商の一族で、巨大要塞《フルングニル》には商いのため訪れている』と述べる

そう事前に打ち合わせを行なっていた

しかし、もしも向こうがこちらに対して不信感を抱いているのであれば、根掘り葉掘り色々と聞かれるだろう

そうなった場合、誤魔化し切れるのか

 とはいえ、黙っているだけでは余計に疑われてしまうだけだろう