パチンコ なく ならない 理由

パチンコ なく ならない 理由

思い付いた言葉を、執事は口に出していく

《多分、"私達の事はもう良いですから、生きている人を優先しなさい"って仰ると思います》―――私は、幸せそうに"普通"に、大切な人が穏やかに暮らしているのなら、それで良いのです

《私が居なくなっても、ピーン・ビネガーとカリン・ビネガーが仲睦まじくして、"旦那様"が笑っているならそれでいいんです

あ、その、私が万が一旦那様より先にいなくなったら、いなくなった私が考える事を言ってみました……あれ、何だか言葉が変ですね》『ハハッ』主の漏れるような笑い声を耳に入れ、ロックはまた横顔を見つめる

執事の言葉を聞いた賢者は、鼻の頭にシワを寄せて眉間にシワを作りながらも、口の端をいつものように上げて、ニィっと笑っていた

『……ロック、生きてる癖に、そんな事を言うもんじゃない

けど、ありがとう

出来るなら、その言葉を……今はアングレカムを失って一番悲しんでいる人達に伝えてあげられたならいいのだがな』―――きっと、トレニアを喪った時には、アングレカムがグロリオーサやその家族にその言葉を伝えている

あなたも好きかも:まどマギ スロット ルール
けれど今回は―――『先程のロックの言葉を誰かが、残された人――家族に誰か、言葉をかけて上げられると良いのだが

今は言葉を受け入れられなくても、その内"救い"のきっかけになるだろう

あなたも好きかも:化 物語 スロット 演出 一覧
あの綺麗なお嬢さんと遺児となる子は、自分達に何も罪がなくても、アングレカムを喪った事を自分を責める言葉を捜して、罰せられる事を望んでしまうかもしれないなあ

特に、あの天才的な魔力を持っているお嬢さんは個人的に心配だ』ロックはアングレカムを慕う余りに、いつもはコントロールできる溢れる魔力を制御出来なくなった"少女"と初めてあった時の事を思い出し、天井を見上げ、主の言葉に静かに頷いた

それを瞳だけ動かして、賢者は自分の横に寝ている執事を見つめる

もしも、自分がいなくなった後

もしかしたらこの自分に忠実すぎる執事も、咎も無いのに、主を喪った自分の事を責めるような気がしてならなかった

心が壊れてしまったのではないか、という勢いで泣き続ける姿を自然に想像出来た

ロックと出逢ってから、いつも"自分が居なくなった後"を考えて、涙を流させないように、やがてくる別れを思案していた