スロット アイビス

スロット アイビス

礎の魔術に魔力供給をし慣れている王族の方々や領主候補生はまだしも、上級貴族には大変な儀式だったと思います

貴重な魔力を提供してくださった皆様に奉納式への参加賞として魔力の回復薬を準備しています」 ローゼマイン様の言葉に軽く頷いたハルトムート様が動き始めました

ヴィルフリート様とシャルロッテ様もゆっくりとした動きではありますが、同じように動き始めました

あなたも好きかも:スロット 名曲 ランキング
どうやらあまり疲労を感じていないようです

 王族や領主候補生は体勢を崩していませんが、上級貴族は跪くこともできない状態の者が何人もいます

 ……王族も領主候補生もこんなに大変なことを日常的にしているのですね

初めて知りました

あなたも好きかも:パチンコ 楓
 領主一族が礎の魔術に魔力を注がなければならないことは知識として知っています

けれど、それがどのようなものなのか、どれほど魔力を使う大変なことなのかはわかりませんでした

あなたも好きかも:アナザーゴッド ポセイドン スロット
「貴族院で習うお薬よりは魔力が回復しやすいはずです

もちろん毒等をお疑いの方には申し出てくだされば最初から配りません

ご自分で準備された回復薬を使ってくださいませ」 ヴィルフリート様とシャルロッテ様がそれぞれ小瓶を箱から取って、毒見のようにグイッと飲みました

その後、ハルトムート様はローゼマイン様に回復薬を差し出した後、ご自分も同じように箱から小瓶を取って飲み、空になった瓶を別の箱に入れました

「こちらの回復薬のレシピは他の方に教えていただいた物で、勝手に流出させて良いものかどうかわかりません

ですから、この場で飲むだけにしてくださいませ

勝手に皆様にお薬を配ったことでわたくしが叱られるかもしれません