スロット 聖闘士

スロット 聖闘士

ディートリンデ様がアーレンスバッハの本を持って来てくれないかな? とか、お魚を持って来てくれないかな? と考えると楽しくなれますよ

神官長ならば、珍しい研究素材を持って来てくれないかな? と考えるのはどうでしょう?」 わたしの提案に神官長が深い溜息を吐いて首を振った

「君は自分の欲望に忠実すぎる」「心の中で思うだけです

気分を前向きにするためのコツですよ

あなたも好きかも:地獄少女 パチンコ きくり 潜伏
実際にお願いするわけではないのですから、良いではありませんか」 本当にお願いしてしまったら厚かましい人だが、心の中で思って、前向きな気分になるだけならば誰にも迷惑はかけないと思う

あなたも好きかも:スロット g1
「要望を出しておけば、本はともかく、魚は持って来てくれるかもしれぬぞ」「本当ですか!?」 わたしがバッと神官長を見上げると、神官長がニィッと唇の端を上げる

「本当に要望を出せば、厚かましいと思われるのだろう? 我慢しなさい」「期待を持たせて、我慢させるなんてひどいですよ!」 わたしが怒ると、神官長が面白がるように鼻をフンと鳴らした

ここ最近、わたしは神官長の気分によってコロコロと転がされる玩具になっている気分だ

「あ、でも、要望が出せるのでしたら、ライムントを同行者に加えてほしいと言ってみてはいかがでしょう?」 お茶会や会食などの話のネタになるし、どうしてもディートリンデが苦手ならば、神官長がライムントと話をしている時にわたしとシャルロッテで髪飾りや流行の話をしても良い

「……ライムントか」「ヒルシュール先生の弟子で、神官長の弟子でもあるのです

アーレンスバッハでの側近にする予定だから、とお願いすれば連れて来てくれるかもしれません」 なるべく神官長の機嫌が良い状態でディートリンデとの初交流を成功させたいと思う

これは神官長がアーレンスバッハで少しでも居心地良く過ごすためには大事なことなのだ

警戒心も必要だが、歩み寄りも必要だろう

「ローゼマイン、旧ヴェローニカ派がどのように活気づくのか、ゲオルギーネが最も信頼する中心人物は誰なのか、何が目的でエーレンフェストに戻ってきたのか、調べなければならないことはたくさんある

悠長にライムントと研究の話をしている余裕などない

ディートリンデにかまけているうちにゲオルギーネがどのように暗躍するかわからないではないか」 神官長はディートリンデよりもゲオルギーネを重視しているようだし、それは多分間違いではないのだろう

けれど、「婚約者に挨拶をし、交流を深める」という建前があるのだから、神官長が相手をしなければならないのはディートリンデだ