7 スロット

7 スロット

 とくに次作の連載を始めて好評を博すと過去の連載小説も新しい人に読まれることになるのです

そのとき読後感のよい小説であれば新しい人が読んでも面白いと思っていただけます

あなたも好きかも:パチンコ 鬼
 要望を受けるか受けないかは「まとまった時間がとれるかどうか」「受け入れたら物語が面白くなるかどうか」「新規の方が読んでも面白い作品になるかどうか」この三点をよく吟味して決めるとよいでしょう

最後に 今回は「一日に何時間書けますか」ということについて述べてみました

あなたも好きかも:パチスロ 8のつく日
 とくにまとまった時間がとれなければ連載小説は難しいでしょう

そういう方は三百枚を完成させてから、章や節・項単位で投稿していくべきです

あなたも好きかも:オンラインゲーム mmo 人気
 まとまった時間がとれるのならば、一日に何時間とれるのか

それによって書ける文字数が定まってきます

 分散させると効率が悪いのでひと続きの時間が欲しいところです

 もちろん集中力が切れる前に息抜きが必要になります

それに関しては次回述べていきます

 そしてスキマ時間に「あらすじ」「箱書き」「プロット」を仕上げていきます

「あらすじ」「箱書き」「プロット」が完成したら、そのスキマ時間で執筆をしてもかまいません

というより執筆すべきです

 スキマ時間では粗い描写にとどめておき、まとまった時間でそれを丁寧な描写に置き換えていきましょう

 それが文字数を稼ぐ最も有効な手法です

小説を書く時間帯 小説は脳内に情景をイメージして、それを文章に落とし込んで形にしていきます

 ですが「いざ書こう」としたとき、PCのキーボードやスマートフォンなどでスラスラと文章が書けるものでしょうか

 これがなかなか難しいのです