ゴール

ゴール

「俺らはそうですね・・・他の家の同世代の子供に負けたくないって感じですか」「私は褒められたいから頑張ったって気がします・・・褒められるとやっぱりうれしいし」子供らしい理由が出てきたなと、康太は自分の魔術を覚える理由が殺伐としすぎていることに気付いて少し情けなくなっていた

死にたくないからとにかく修業し続けたというのは何とも残念な理由だ

自分から求めたわけでもなければ、勧められたわけでもない

あなたも好きかも:1 円 パチンコ ブログ ランキング
いや、選ぶ権利はあったにはあったが半ば強制的だったような気がしなくもない

そんなことを考えていると、遠くのほうから何かが走ってくる音がする

それが何なのか確認するよりも早く勢いよくふすまが開いて小さな影、満一が客間の中に駆け込んできた

あなたも好きかも:vue.js コンポーネント スロット
満一は母親である芳江を見つけるとすぐに抱き着いて小さく震えだす

一体どうしたのだろうかと疑問符を浮かべていると気まずそうな表情をした文と、きょとんとした顔の神加がやってきていた

あなたも好きかも:カジノ ディーラー 仕事
土曜日なので二回分投稿これからもお楽しみいただければ幸いです

「一応聞いておくけど・・・どうしたんだ?」「いやぁ・・・神加ちゃんと一緒に遊んでたんだけど・・・その・・・なんかよくわからないけど満一君が神加ちゃんに張り合いだして・・・神加ちゃんがそれを軽くあしらっちゃって・・・」「・・・ごめん、よくわからないな・・・」いきなり張り合うといわれても何の話をしているのかさっぱりわからない

そもそも何をして遊んでいたのかも不明だ

満一の姿を見ている限り、悔しくて泣いているのか悲しくて泣いているのかはわからないが、何やら神加がやらかしてしまったのは間違いないだろう

「えっと・・・神加、怪我はさせてないよな?」「うん、喧嘩もしてないよ?一緒に遊んでただけ・・・」どうやら神加としては張り合われていたという感覚すらないらしい

一緒に遊んでいただけだというのにいきなり満一が走り出したというわけのわからない状況になってしまったようだ

文が一緒についていっていなければ本当に意味不明な状況になっていたことだろう