パナソニック スロット

パナソニック スロット

それじゃあユグラの星の君、また逢いましょう?」 ユミェス王女は彼の頬を軽く撫でると、艶美な笑みを浮かべながら去っていった

彼女がいなくなっただけで周囲の温度がいくらか下がったようにすら感じる

「ユグラの星の君、か

面倒な女の目に留まってしまったようだな」「ワシェクトの小言がありがたみを増すな」「今日の為に喉の調子を整えておいたからな

感謝すると良い」 そして暫く貴族や商人への挨拶を進めていくと、ワシェクト王子が部屋の隅に誰かを見つけたらしく私達を案内した

 そこにいたのは一人の男性

独特の雰囲気があり、その肌がユミェス王女よりも白い

いや、これは白いというより青白いと表現すべきなのだろう

あなたも好きかも:アクション・オプス:スノウ・アンド・セーブル
まるで長いこと陽の光を浴びていないかのような感じだ

「こちらが第一王子、ヌーフサ王子

ヌーフサ兄さん、こちらがユグラの星の民」「……多少顔色を伺うのが上手そうなだけで、他は凡夫だな」「顔色を伺う方も凡夫だけどな

運は良い方だぞ」 先程のユミェス王女とは違い、ヌーフサ王子はじっとりとした視線を彼に向けている

王族として気品のある姿を見せようとはしておらず、ただ純粋な我を通している印象だ

これが第一王子……?まだワシェクト王子の方が王子らしいが

「ワシェクト、顔見せは済んだ

もう帰っても構わないな?まったく、こんな場で紹介せずとも、自分の部屋に連れてくれば良いだろうに」「ヌーフサ兄さんはいつも居留守を決め込むだろう