スロット 烈火

スロット 烈火

《それだけ》の事

それに赤ちゃんは、優しく守ってくれる人なら分け隔てなく微笑んでくれるだもの

赤ちゃんが拘らないのに、それを世話する人が拘ってたらダメよねぇ"心を読めなくても、無理をしないと言った親友が、強がっているのが判った

トレニアが人の心を読めず魔術が得意でなく並みの兵士より強くなく戦う力もない只の赤ん坊が大好きなだけの世話好きな女性だったのなら

例えあの不幸な出来事があって、子ども達が犠牲になった事に、国に対して唇を噛みきる程悔しがっていたとしても、もしも故郷に残っていたのなら

今頃、あの田舎の村でそれなりの伴侶を得て、きっと彼女は出来る努力の上で築いた生活の中で、作り上げた"幸せ"を大切して生きていただろう

でも、戦う力があり決起軍に参加したならば、彼女の性格からして、平定を終えるまで決起軍から抜ける事はない

あなたも好きかも:ルーレット☆ルーレット セリフ
(いいえ、これは"言い訳"ですね)気の強い所はあるし、"魔女"と呼ばれる力があったとしても、優しい女性なので人生で伴侶を得ることは必ず出来ると、アングレカムは思っていた

今子どもを授かったとしても、後悔をするとは言うけれど、例え国が落ち着かなくても、トレニア・ブバルディアならその中で家族を作り、暮らし、生きていく

決起軍には彼女が自(おのずか)ら参加し、グロリオーサには半ば強引に認めさせて入ってきた

しかし、彼女は入った事を後悔する気持ちを、十数年たった今になって抱えてしまっていた

かつて決起軍の仲間にいたとても気障で優しい男は、"賢くはない"と言っていたが誰よりも気が回る人でもあったので、こうなること少しだけ危惧していた

あなたも好きかも:スロット 5.5号機 おすすめ
それを賢いと思う友人であるアングレカムに告げていた

(ジュリアン、貴方は、《賢いアングレカムなら、前もって教えといたら何とか打開策をおもいつくだろ》と仰ってくれましたが、どうしようも出来ません

私は、国の平定を考えるだけで精一杯でした)そしてアングレカムは、迷っているトレニアを"卑怯"な言葉で決起軍に縛り付けていた