戦乱カグラ パチンコ

戦乱カグラ パチンコ

こんな時間に珍しい…急ぎの用かな

 どうぞー、と言おうとしたらヨミに止められた

なんぞ?「シャーリィ…胸…」 胸?……僕サラシしとらん!!!あっぶな、ありがとうヨミ!「ごめん、ちょっっっとだけ待って!!」「ああ、もちろん」 急いで巻き巻きっと……そろそろ、パスカルとジスランにもバラしていいんじゃない? というかもう、知らないのその2人だけだし

あとはルキウス殿下とその他

…今日はいっか

あなたも好きかも:爆 サイ パチンコ 宮城
 準備完了し、パスカルを部屋に招き入れる

 1人だと色々考えちゃうから…誰かが一緒なのは、嬉しい

あなたも好きかも:フリージャック オンラインゲーム
 …僕がソファーに座ったら、何故か彼は隣に座った

あなたも好きかも:prego パチンコ
いやまあ、いいんだけど…普通向かいに座らんかね? しかもやたら近い!なんだ一体、何が目的だ!?「…ん?」 すると…パスカルの頭の上にいたセレネが降りた

 そして僕の部屋にいた精霊達も皆動き…ヨミも、全員ヘルクリスに乗って窓の外に出た…?「(…精霊達に、気を使われている…!!)」 ???パスカルは顔を顰めつつ赤くしてるし…というか、今2人きり!?どっどどうしよう!? いや!今こそパスカルに話を聞くチャンス!!「「あの!…へっ?」」 意を決して話し掛けたのに…またハモった!!えーと、どうぞ! と言ったら、今回は君からと返された

…覚悟を決めねば…!!僕は膝の上に置いてある手を、ぎゅっと握り締めた

「あ、の

パスカルは…クリスマスの夜、女の子と過ごしていた、よね…!?」「え…あの場に君もいたのか!?」「……うん」 僕が答えると、彼は天を仰いだ

もしもここで…「あの子は愛するマイエンジェルさ」とか言われたら…泣くかも

 怖くて彼の顔を見れないので…僕は下を向きながら言葉を続ける

「すっごい、可愛い子だったよね…