パチスロ 北斗 転生

パチスロ 北斗 転生

体力万全、魔力も万全、魔術も武術も一切のリミット無しとなれば、ミラはどんな環境、敵、終焉が相手でも踏破しただろう

まあでも……その場合はそもそも召喚する必要が無かったわけで

「ほら、さっさとマーリン様のところに行くわよ

あなたも好きかも:パチンコ まあさ
そしたら早くお風呂入って、それからご飯食べて……」 そう言ってミラは身に付けていたいくつかの装備品……短剣とか、革のベルトとか、防具っぽいものとかをそこら辺に脱ぎ捨てた

あなたも好きかも:パチンコ 仕事人 設定示唆
こらこら、ポイ捨てするんじゃ……ウッ

く、くせえ……これか、カモフラージュがどうとか言ってたの…… 報告の為に王宮に入ると、まず真っ先にミラはお風呂に連れていかれてしまった

臭いからそのままうろちょろするな……と

ミラは必要とあらば我慢出来ると言ったが、残念ながらここにはそんな臭いを持ち込んではならないらしい

いや、当たり前だが

なので、僕はひとりでマーリンさんの部屋に向かったのだけど……「おう、遅かったな

あなたも好きかも:ワイルド・ファイト
ちびは……臭過ぎて追い返されたか」「こらこら、ベルベット

女の子に臭いとか言ったらダメだぞ

おかえり、アギト

お疲れ様」 そこには優雅にくつろぐマーリンさんと、箱に詰められたまま馬車に乗った筈のベルベットくんの姿があった

い、いつの間に抜け出したのさ⁉︎ というか、通行証も無いのにどうやって……は、馬車がそもそも王宮内に乗り付けてたからか

「……はあ

マーリンさん、色々聞きたいこともありますけど……まずは業務的な確認からしますね? あの湖に何かいるって確信があったみたいですけど、いったいどこの筋からの情報ですか