スロット 審査

スロット 審査

それがこの子を甘やかしてるンなら、それはそれでいいわ

このままでいて欲しいからね」「優樹がバカするのって、見てて楽しいモンなーっ」 白川が笑いながら生美の後ろから顔を覗かせると、周りも小さく笑う

そして、「あの子が帰って来てから奉仕屋も動き出したよなぁ?」「……そういえば奉仕屋、最近元気だね」「この二、三日、よく走り回ってるのを見るよ」 野次馬たちが愉快げに話す

 女子たちは互いの顔を見合わせていたが、ゆっくりと顔を上げた優樹に気付いて目を向けた

「……すみません……」 優樹は赤い目で彼女たちを見回して、再び頭を下げた

すみません……

あなたも好きかも:スロット 今日
……ごめんなさい……

全部……私が悪いんです……」 生美は頭を下げる優樹を訝しげに見つめる

「……許してください……

あなたも好きかも:カシオ ゲーム機
……反町君のこと、……好きなんです……」 周りが「ヒューッ」と冷やかすような声を上げると、「優樹はオレが嫁さんにするって選んだ女だぞ!! これ以上チャカしたってオレが優樹を守るんだ!!」 突然の爆弾発言に「おぉーっ!!」「マジかよー!?」と周りがどよめき、優樹は顔をカーッと真っ赤にして俯いて生美は「……プッ」と吹き出し笑う

あなたも好きかも:スロット 沖ドキ 動画
白川は「そ、そうなのか!? そういうことになってたのか!?」とうろたえ、女子たちは脱力して、冷め切ったような無表情さでそこから歩いていった――

 洋一は少し苦笑すると、ギリギリ歯を言わせている反町の腕を「ほら、行け」と解放した

反町はそのままダッと走って優樹の所に行き、背を向けて歩いていく女子たちを追い掛けようか、どうしようかと迷いながらも、結局優樹の腕を掴みその顔を不安げに覗き込んだ

「優樹っ……?」 優樹は目に涙を浮かべたまま、顔を赤くしたままでキョトンとし、間を置いて、少しずつ笑みを溢した

「……泣かなかった

……言葉で、勝った……?」 反町は笑顔で問い掛ける優樹を見て小さく息を吐いて苦笑すると、「……うん」と頷いた

そしてそのまま優樹に顔を近づけて…… 「うおぉーっ!!」と驚きを含めた冷やかしの声が挙がるその中、「やめなさい」と、スレスレで生美が反町の襟首を掴み引っ張り離し、反町は「グェッ」と喉を詰まらせた

 ――弥生はふと足を止めた

 翌日……