ドイツ スロット

ドイツ スロット

 先の種子が育ってきて、肺を圧迫しているのだ

あなたも好きかも:ゲームセンター ゲーム機 名前
 目で見える以上のダメージがあるのだ

 このまま続ければ――、きっと勝機が――「まだ、勝ち誇るのは早いぞ、アイド……」 自分が状況の好転に喜んでいると、始祖渦波が水を差してくる

 そして、ずっと使っていなかった魔法を使う

「――魔法《ディスタンスミュート》!!」 高密度の魔力を右腕に纏わせて、こちらを見て笑った

あなたも好きかも:十三 パチンコ パール
「一体何を……

その魔法は通用しないと、先ほど証明したでしょう……」「ああ、わかってる

だから、少し考え方を変える

おまえに通らないのなら――使う相手は僕だ」 始祖渦波は自分の胸に淡く発光する右腕を突き刺し、いままでにない集中した様子で体内をまさぐり出す

 単に次元を超えて体内に干渉しているだけとは思えない

まるで、絶対に失敗できない治療を行っているようで――自分は敵の狙いに気づく

あなたも好きかも:月末 スロット 東京
「――まさか!?」 まさしく、いま始祖渦波は治療を行っている

 ただ、普通の治療ではない

魔法による回復ではなく、もっとの別の手段――「そういうことですか! 魔法を使ってこないと思えば、ずっと体内で《ディメンション》を展開していましたね! この場で手術でもするつもりですか!?」 その迷いのない手の動きに、もう治療の手順と当たりはついているとわかる

 ここまでの戦いの間、始祖渦波は自分だけと戦ってなどいなかった