回胴王ミリオンアーサー スロット

回胴王ミリオンアーサー スロット

土木工事っていうのは? 街道作ったりするやつか?」 何度も頷いたトーマスが、続けて訊いてくる

「ここのところずっと街道の工事してたじゃないですか

基礎工事、水平出し、仕上げ、これ、大工ギルド、石工ギルドの教育があったら、冒険者(シロウト)でも一定の水準までは戦力になるんじゃないかなと思って

ほとんど力仕事ではありますけどね」「なるほど、細かい作業の指示を飛ばせる人間がいたら、別にお前じゃなくても請け負えることになるのか……なるほどな……」「工事に確保する人員とか、調整する人にものすごく負担がかかりますし、その知識も経験も不足してるでしょうから、商業ギルドの一部門みたいな形でもいいんですけど、出向の形で切り離した方が上手くいくかも……?」「ううむ………

それはその……お前の世界の発想なのか?」 少し声を潜めて、トーマスが訊く

「いえ、この世界での経験からの話ですよ

あなたも好きかも:グラブル カジノ エレメント
元の世界でも、確かに総合建築業者みたいな大きな組織になっているところはありましたけど、大工は大工さんで存在していましたよ

大手の建設業者は石工からの流れじゃないですかね

あなたも好きかも:シンフォギア パチンコ 値段
そのうちに石を切り出して、そのままの形で使うことが減ってくるんです」「ロマン灰か」 私は頷いた

あなたも好きかも:パチスロ 実機 音
ローマンコンクリートそのものじゃないけど、近代建築はそちらの方向に向かっていく

この辺り、元の世界では港湾の増加、第一次世界大戦で塹壕やトーチカ建設で発展せざるを得なかったんじゃなかろうか

「灰色の街なんて画一的でつまらないですけどね

それでも、百人の建築家が作れば百通りになるものです」「そうだな

色々あるからいいんだろうな

画一的な町並みも悪くないが、儂は雑然としていた方が好きだ」「私もですよ」 見た目ドワーフの二人は、がっちり握手した