スロット 7 フォント

スロット 7 フォント

「確かに考え事はしてたけど、今は単に休んでるだけだよ」 休むと言ってもゲームとかがあるわけではないので、結局ソファーで寝そべるくらいしかすることがないのだ

あなたも好きかも:白猫 スロットスキル 重複
じゃあちょうどいい

私も休むことにするわ」 コレットはそう言って、寝そべっている考助のソファーに座ってきた

 そんなコレットを見て、考助はぽつりと呟いた

あなたも好きかも:絶ボーナス スロット
「何か、暇つぶしの道具でも作ってみようか」 結局思考が働く方に向かっている

今は休むんじゃないの?」「いや、そうなんだけどね

でも今までどっちかというと塔の管理の方に思考が向いていたから、遊び道具を作るとかはまた話が別かな~と」 白い目で自分を見てくるコレットに、考助は何となく言い訳めいたことを言ってしまった

「どっちも一緒だと思うけど・・・まあ、今のほうがコウスケらしいと言えばらしいわね」 コレットのいいように、そこまで自分は仕事人間になっていたかと内心で首を傾げたが、アスラの事もあるので黙っていた

 代わりに何となく呟いた遊び道具を作ることを真剣に考え始めた

「うーん

遊び道具か・・・何かないかな?」「ボール遊びとか?」 コレットの言葉に、考助はそんなものを作りたいわけではないので、首を振った

 だが、これは考助の認識不足もある

あなたも好きかも:8スロ スロット
 そもそも子供が時間をいっぱい使って遊べることなどこの世界ではほとんどない

 勿論大人もそうなのだが

 当然遊びに費やす時間が少ないという事は、それに対する需要も少ないので、遊び道具などはほとんど発展していないのだ

 そこに思い至った考助は、やはり何か遊び道具を作ろうと決心した

 コレットを相手に詳しく話を聞いてみるが、そもそもコレットも子供のころはエルフの里にいた以上、さほど人の子供の遊びに詳しいわけではない

 エルフの子供たちは、自然を相手に遊ぶことがほとんどなので、わざわざ道具を用意して遊ぶようなことは無かった