ブラックジャック ファン

ブラックジャック ファン

あなたも好きかも:シェイク パチスロ
ガッドも嫁さんを貰えたようで良かったね、とは言わなかった

「ちょっとした会をするので集まれ、としか聞いていないのですがね」 マテオはニヤリと口の端を歪めた

彼は多忙過ぎてむさ苦しい男としかつき合いがなく、女性のお相手が見つからないらしい

あなたも好きかも:銭形 スロット 攻略
「ふうん?」 私も釣られて笑う

不死者は表情筋が固く、あまり微妙な表情は得意ではない

慣れる前に浄化されちゃいそうだなぁ

あなたも好きかも:パチスロ リング 終焉 ノ 刻
 建設ギルドの連中から離れると、そこにはたわわに育ったお尻をフリフリしているカーラちゃんが近寄ってきた

「試食してほしいメニューがありすぎて……早く店に寄ってほしいよ」「あ、ああ、うん」 不死者は……ごめん、食物は受け付けないんだわ……

後で他の私が寄るように言っておくよ……

 カーラちゃんはもう立派な女性になっていて、男からの誘いがひっきりなしなんだという

『シモダ屋』を継ぐには料理の得意な男性と結ばれなければならず、どうにも条件が厳しいみたい

「これ、お土産だ!」 と言って、冬のリンゴを手渡してきたのはハミルトンだった

これって土産じゃなくてお供え物じゃないのかな……? この二人は幼馴染みで、腐れ縁で、恐らくは好き合ってる

しかし二人とも実家を継ぐのに相応しい相手ではなく、結婚相手を決めるのには、適齢期だというのに難儀しそう

「ありがと

カボチャプディングじゃないんだね?」「俺は果物屋だからな」 フン、と鼻息荒く、ハミルトンが胸を張った

「プディング屋も副業でやってるくせに」 カーラちゃんが面白くなさそうに言うと、ハミルトンが口を尖らせる

レシピと名義貸し程度で、ハミルトンは実務には関わっていないけど、トーマス商店がやっているプディング屋には、『ハミルトン』の名前が付いている

「二人の生活や望みに妥協点が見つかるといいね」「そうだな」「そうね」 二人は顔を見合わせて苦笑し合った