ブラックジャック 言葉狩り

ブラックジャック 言葉狩り

 どうやら獣ノ尾太刀が地面を操ってくれているらしい

 土も軽く混ぜられて血もなくなった

 後始末をしなくてもよくなったので、テディアンがすぐにレミとスゥに回復魔法を掛ける

 緊張の糸が途切れたのか、レミは疲れた様にして地面に寝転がっていた

「騒ぎを聞きつけて来てみれば……

あなたも好きかも:スロット ポパイ データ
お主らは一体何をしていたのだ」「はは……まぁいろいろありまして……」「ったく……

それとお主

あなたも好きかも:メダルゲーム パチンコ
弟子が世話になったな」「おわっ

ああ、いえいえ……」 突然礼を言われて、テディアンは少し驚く

 先ほどの雰囲気は掻き消えており、落ち着いた様子をしていた

 後ろに控えていた大男も、なんだか片付かない顔をして頭を掻いている

「おらのせいでなんだか迷惑かけたみたいだべなぁ……」「それでレミよ

あなたも好きかも:回胴 パチンコ
この男たちはいったい何者だ?」「ルーエン王国にいた時、夜に襲ってきた奴らです

黒い梟っていう暗殺集団ですね」「ふむ、ではそいつらが今回の主犯か」「それとは違うっぽいです

こいつらは雇われていただけなので、主犯はまた別に居るかと」「見当は?」「ついてますよ」 この短い期間によくそれだけの情報を集めたものだと感心する

 やはり任せていて正解だった

 自分ではそこまで上手く立ち回ることはできなかっただろう

 それにしても、レミも強くなったものだ