ブラックジャック オオカミ少女

ブラックジャック オオカミ少女

あなたも好きかも:pci スロット wifi
前にグロリオーサ、後ろにロック

前後に真剣に悩んでいる人に俄に挟まれた状況に、賢者は苦笑いを浮かべる

組んでいた腕をほどいて、ガリガリと白髪の後頭部を掻いたのなら、賢者は小さく息を吐いた

勿論、突如として行われたそんな行動には、注目が集まる

あなたも好きかも:スロット よく 出る 台
(平定の為にグロリオーサとトレニアの事もあるが、ロックの為――――いや、ロックと私の為の旅であるということも、覚えて、忘れないでおいてくれ)そうテレパシーで執事に先ずは伝える

きっと自分を見ているであろう忠実過ぎる執事に見せるつもりで、口の端をピーンはニッと上にあげた

"平定の為"、それを行った後の国の安寧の為―――という"一番大きな目的"にばかりに気が向いていた、ロックは、"領主と執事の為"と伝えてきたピーンの言葉に驚愕する

そして、口の端をあげる主が続ける言葉を待った

『ここにいる四人、年齢といった部分では全員成人はしている

私など、あと数年もしない内に"2度目"の成人を迎える年齢となる』アングレカムが話を始めるばかりと思っていたが、ピーンが突如として頭を掻いたり、口を開いた事にグロリオーサの顔から"優れない"部分はとりあえず抜け落ちる

正面いる客人の顔から不安そうな部分が払拭されたのを見て、口の端をあげていた賢者は目だけを動かして、今度は自分の執事を見て口を開いた

『だが、あと数年で2回目の成人を迎えようとしているのに、正直いって"気持ち"……というか考えかたは、変わっていないように思うんだ

そうだな、ちょうど、この後ろに控える執事のロックを拾った時ぐらいからかな

それまでは、旅をして世間をみたり、色んな書物を読んだりして影響は受けていたんだろうが、今思い返しても考えても、あの頃には"自分の考え"っていうのは定まっていたと思う』(……旦那さ……ま)いつまでも"依存"という病なのか性質かわからない物に縛れて、自分だけが変われていないのだと思っていた