ラブ ライブ パチンコ

ラブ ライブ パチンコ

俺は目を凝らして光を眺めながら建物を跳躍して近寄っていく

河の近くの商店街の屋根で、シズカ姫が止まったので隣に跳躍して飛んで行って、並んで止まる

「あの光は、多分、河の向こうで かなりの軒数の家が燃えている火だよ」シズカ姫に背負われたマリミが驚いた顔で「えっ、じゃ、じゃあ火事ですよね? 消しに行かないと……」シズカ姫は苦い顔をして「急がないでいいと思う

 あそこの大きな橋から、河を渡り切ったらわかるよ」と言いながら、近くの人けの無い路地へとマリミと共に降りていった

あなたも好きかも:a スロット 333 香椎
俺もそれを追って、道へと降りる

あなたも好きかも:バカラ シャンデリア 自宅
ここからは歩きがいいらしい

さすがに夜もかなり深くなってきたので商店街の明かりも、ほぼ消えていて人けが無い

河の方向へとシズカ姫は道を選びながらゆっくりと歩いていく

河沿いの道へと出ると、さっきより一層河の向こう岸で見える炎は、東西に広がっているように見えた

「お、おい

さっきより燃え広がってないか?」俺が心配してシズカ姫に尋ねると彼女は冷静な顔で「よく燃えてるね

でもこっちの岸の住人は 誰も見に出てきてないでしょ?」マリミがまったく人けの無い河沿いの道を見回して「確かにそうですね

おかしいですよ」「……ここらの人は慣れっこなんだよ

あなたも好きかも:パチンコ 甘デジ 出玉ランキング
火を見て騒ぐより 寝る方が大事なんだろうね」「ど、どういうことですか?」マリミにシズカ姫は首を横に振って「近づいて見た方がいいよ

よく分かるから」橋へと足早に歩きだした

俺たちも慌てて後を追う

河にかけられた長い橋を渡り始める

「この河がラー河なんだな」「そうだよ

地獄と天国の境界線とか言う人も居るね」広いが、比較的緩やかな流れの河である