パチンコ べラジオ

パチンコ べラジオ

 “電話があった”以上、何かが起こるのは確実だ

話をすれば、間違いなく彼らを巻き込んでしまう

けど、巻き込んでしまえば翔太の二の舞になるかもしれない

……それだけは避けなくては

 授業が終わり、終業のホームルームが終わると、洋一は苛立ちを最大にして帰宅の準備を進めていた

その気配は視線でわかっていた

あなたも好きかも:スロット ガンツ 打ち方
――彼とは長い付き合いだ

あなたも好きかも:凪のあすから スロット 広島
こうなったら、せめて洋一には何かを告げようと思った

あなたも好きかも:シャークネード
 迷惑が掛からない程度、自分の“怪我”のことだけでも

 しかし、その時間は与えてもらえない

 帰宅の準備を進め終えた時、スカートのポケットの中でマナーモードにしている携帯電話が着信を知らせ、優樹は肩を震わせると心音を早めながらそっと掴み出して相手を確認した

――見たことのない番号だ

けれど、このタイミングで掛かってきたということは、間違いなく“彼女”だろう

 荒い呼吸を繰り返しながら優樹は携帯電話を耳に寄せた

「……はい」《あたし》 名前も告げない彼女に戸惑いながらも、優樹は一つ深呼吸をして机の上の鞄を睨んだ

「……、はい」《勇典からケイタイあった?》「……ない、ですけど……」《じゃあ、まだ気付いてないってことかぁ》 ザワザワとした音をバックにため息を漏らす彼女に、優樹は少し俯き耳を傾けた

《あたしのトコも、今、授業終わったんだよね

あたし、Fなんだ》「……、そうですか」《なんで今頃勇典に会ったわけ? それとも、隠れてずっと会ってた?》「……

そうじゃないです