横浜駅 スロット バサラ

横浜駅 スロット バサラ

「ウーヴェ、やめなさい

人足たちがこちらに気付く前に立って! 事情があるのは分かった

けどね、聞かないと分からないから、まずは別館へ行こう

そこで話を聞くよ」「お、俺も一緒に行っていいか⁉︎」「ああ、ウーヴェ一人では不安だろうから、ルカがついていてやってくれ」 ウーヴェを立たせて、ついておいでと促す

 ルカは、近くにいた組合員に、現場の指揮等指示を手短に与えてから、すぐに戻ってきた

 あ、そういや、馬はどうした? と、ギルが辺りを見回していたが、手綱を押し付けられた野次馬が、近場の杭に括り付けておいてくれた様子だ

呑気に路肩の草を食んでいた

 気付けば、かなり時間が過ぎている

あなたも好きかも:パチンコ ぎょたい
もうしばらくすれば夕刻か

「サヤ、賄い準備は……」「もう済みました

あとは時間いっぱい煮込むだけですから、村の女性に任せてあります

 後程、夕食のぶんは取りに行きますね」「ああ、それならルカと、……ウーヴェのぶんも、余裕あるか? もう一緒に食事をしたら良いと思うんだけど

時間的に」「あと俺のぶんもな」「大丈夫ですよ

あなたも好きかも:グレンラガン スロット 朝一 打ち方
数食ぶんは、余裕をもたせて作ってありますから」 ニコニコと朗らかなサヤ

 ああ、和む

 サヤが笑顔を向けてくれるだけで、なんだかもう大丈夫な気すらしてくる