パチンコ 消滅

パチンコ 消滅

足早に歩いていた立花が音楽鑑賞室に辿り着いたようだが、廊下に出ている机を見下ろしている

あなたも好きかも:鴻巣 市 パチンコ
何かが置かれているようだ

みんなも足早に向かうと、立花は彼らを振り返って教室のドアに顎をしゃくった

「見ろ」と目で促されるままドアを探ると、白い紙が貼られ、そこには大きめの文字が印字されている

【ドアを開ければ一切の音は不要

あなたも好きかも:アースラ スロット
30デシベル以上の音を出せばゲームオーバー

一時間以内に室内の難問を解くこと】「30デシベルって……なんだ?」 怪訝に眉を寄せる相川に、一平は胸の前で腕を組んだ

「デシベル言うたら、音の強さの単位やな

あなたも好きかも:グレンラガン パチンコ プレミア
ただ、30デシベルがどれくらいの音なんか、よぉわからんし」「これでわかるんじゃないか?」 立花が更に顎をしゃくるそこには壁に沿って机があり、ドアと同じ白い紙が貼られている

【全員これを首に付けること】 そう書かれた紙の側にはペット用らしき様々な色の首輪があるのだが、首輪から少しはみ出た大きさで2センチメートルほどの厚みのある黒い金属の箱が付いている

よく見ると表側に液晶が付いていて、何かが表示される機械のようだ

「……これなに?」 加奈が首を傾げた途端に、それぞれの首輪に付いている機械の液晶にゲージがサッと現れ消えた

声に反応したようだ

「これが音を拾うんだろ」 立花はそう言って青い首輪を手に取ると、機械の液晶を見つめ、「あっ」と声を発した

すると、ゲージがグンと上がって液晶の上で消えてしまった

「30デシベル以上でゲージが切れるようになってるみたいだな……」「じゃあ、目安にはなるわね」 生美はピンク色の首輪を手に取って、それを優樹の首に軽く巻いてベルトを締め、液晶が見えるように前に向けた

 もちろん首輪なんて付けたことがない優樹は怪訝に眉を寄せ、首との間に指を入れると拒むように首を振って馴染ませようとする

「犬とか猫が初めての首輪を嫌がってるみたい」「鈴も付けておいて欲しかったわね」 愉快げに笑う加奈に、生美はオレンジ色の首輪を手に取って彼女の首に付ける