メイプル vマトリックス スロット強化

メイプル vマトリックス スロット強化

 オレがどうにかしなくちゃ

……先輩だったら、絶対に放っておかない

「あいつになんか用事でもあるのか? ……あいつを付け狙ってるのか?」 同級生だとわかって、放課後、裏庭に呼び出した

 ビビって来ないかと思ったけど、堂々とした様子で現れた

 背が低くて、眼鏡で

「のび太だ」とか思ったけど、意外と気骨のあるヤツだった

「っていうか、あんたの方こそオレのこと見てたわけ? なんのつもり?」「はぁ? オレがおまえに聞いてンだよ、オ・レ・が」「あんたには関係ないじゃん」「あるね」「なんでだよ」「オレは、大島の監視役だからだ」「……、監視役?」 なんだそれ? って、顔をしかめるそいつに、オレは真顔で腕を組んだ

あなたも好きかも:スロット クレジット 出し方
「オレは、ある人に頼まれて大島を見てるんだ

……あいつに近寄ろうってンなら、オレが許さねーから」 正直、暴力とかは苦手だ

あなたも好きかも:2000台 パチスロ
人を殴った経験はゼロ

あなたも好きかも:オンライン麻雀 web
ケンカもほとんどない

でも、“チビ”相手だし、ここは威嚇しておこうって思った

……なのに、こいつは本当にビビらない

ある人? ……、渡、翔太?」 そっと窺うように問われて、オレは「そうだ」とにらみ答えた

「あいつに近寄るなよ

……もし、あいつに何かしようってンなら、オレが」「反町流」「……

は?」「……反町

……渡翔太先輩が、最後に運ばれてきた病院の、息子……」 少しうつむき加減で言ったそいつに、オレは驚き、目を見開いた

 反町は、ゆっくりと背後の木に背もたれて、視線を落としたまま続けた