パチンコ 攻略 法 買っ て みた

パチンコ 攻略 法 買っ て みた

「……まさか、正信

あなたも好きかも:ブラックジャック コレラ騒ぎ
……あんたも金持ちなの?」「大したことないよー

ここに比べたらちっちゃいって」「……

けど、金持ち?」「どうなんだろ? よく考えたことないからなー」 平然と答えながら、「ここはなんの部屋だ?」と、勝手にドアを開けて中を覗き込む白川に、七海は呆れ気味なため息を吐いた

「……こんなトコにいたら、あたし、息が詰まるってぇ……」 情けない声を上げると、白川は笑顔で首を振った

「そんなことないそんなことない

優樹もここのおばさんも、すっげーおもしろい人たちばっかだし」「……

あなたも好きかも:パチンコ 恋姫無双
けど……、金持ちなんてさ、みんな図々しくって、イヤな感じするじゃん? 人を見下すし……」「絶対そんなことない

優樹はおもしろいヤツだよ

あなたも好きかも:スロット ゾロ目
話してたらきっとわかるからさ

遠慮とか全然しなくていいよ」 やはり奔放な彼に、「……他人事だと思ってさぁ」と、七海はうんざり気味に深くため息を吐く

その直後、部屋に優樹がお盆を手に戻ってきて、七海は慌ててソファに座り込んだ

「出来合わせのものしか用意出来ないんだけど

あとで運んでくれるって」 「サンキューっ」と、白川は笑顔で礼を告げ、開けているドアの奥、電気の付いていない室内を指差した

「ここの部屋はなんだ?」「そっち? そっちはベッドルーム」「マジで!? どんなどんな!?」「どんなって……、普通だけど」 なんでもない顔で答えるが、白川は興味津々な笑顔で勝手に入っていき、数分後、戻ってきた

「すっげーお姫様な感じっ」「……、お姫様?」 と、優樹は顔をしかめつつ、ガラステーブルに紅茶とクッキーを置き、堅くなって膝に視線を落としている七海ににっこりと笑い掛けた

「七海さんがマー君の恋人?」 七海は「……へ?」と顔を上げてキョトンと目を見開き、白川は「違うって!」と慌てて首を振りソファに近寄った

「七海ちゃんは友達なんだってっ」「んー……

じゃあ、そういうことにしておくね」 「うふふっ」と愉快げに笑われ、白川は「ったくぅー」と少し頬を膨らませたが、テレビの電源を入れて音量を低めに設定する優樹を目で追い、ソファに腰を下ろした