さんせい パチンコ

さんせい パチンコ

 君や君の周辺の者たちはこの悲惨な状況的にありえないほど 幸運だからだ

殆ど死にも、消滅もしていない

 "窓"が求めているのだろうね」「……そうですかね」「マイカちゃんと"窓"は関係ないのか」「……いずれ、マイカさんが君たちに 種明かしをすることもあるだろう

あなたも好きかも:スロット 押し方
 心構えをしておいてくれたまえ」「……投げっぱなしね

ストレスだけ与えて 楽しんでるわこいつ」美射が嫌そうな顔をしていると冥王は、紫の爪が長く伸びた五本の指を開いて一本ずつ折りながら「五、四、三、二、一……」とカウントダウンを終えた時には俺たちは、どこかの深そうな洞窟の前に立っていた

あなたも好きかも:パチスロ 漫画家
美射は大きくため息を吐きながら「……冥界から強制排出されたわ

 たぶん、今頃、森下君も 高崎君が用意した物理体の中に入ってるわ

 あいつ、そういう気配りだけは、凄いからね……」「まあ、問題解決したからよくないか? それに、マイカが何を隠していても 俺が何に寄生されていても、今さらどうでもいいだろ? ただやるべきことを、やろうぜ」美射はそれには答えずに、ガクリとうな垂れて俺の身体の中へと透過して来ていった

そして頭の中から「時間を無駄にしたわ!ゲシウムの調査に行くわよ!」「そうだな

どっちに行く?」「セイちゃんの方のゲシウムへ!」次の瞬間には、俺は念じてゲシウムのスプレンデッド城の、セイの居室へとワープしていた

そして、目の前には、テーブルに食い物を食べ散らかして酒瓶をラッパ飲みする酒浸りのナンスナーが居た

「あー……タカユキかぁ……タカユキぃ……

 この星は楽しいなぁ……まるで天国だ」「ちょっと但馬、動きそうな死体探してくる」いきなり美射がそう言って、俺の身体からスウッと抜け出す

「いや、必要ないだろ……」「あれー?今のはリングリングじゃないかぁ?」酒浸りのナンスナーはこちらを赤ら顔で見上げて呟いた

「ああ、そうだな

 ちょっと座っていいか?」「好きにしろー城主のセイも帰ってこないし ここはもうナンスナー様の城みたいなもんだー」ナンスナーはそう言いながらハンバーグのような料理を頬張る

「これ、豆から作られてるんだぞ!? すごいよなぁ……これ、ウキナワで売ったら 絶対大儲けするよなぁ」俺はもう言葉が出てこないので何とか、ナンスナーに頭を深く下げる

「どうしたぁ?何か私に対して悪いことしたのかぁ?」彼女は不思議そうにこちらを見てきた

「……すまん」「んー?謝られるようなことされてないけどなー」「……道を誤らせてすまん