パックマン スロット bgm

パックマン スロット bgm

慣れるようなものではないですが、ここのものはあまり怖くないですね」「異種族だからだと言うなら、あそこの死体は人間だぞ?」「いいえ

ここの死体が怖くないのは、それを成したのが、私に危害を加えないものだからです

本当に怖い死体というものは、己の苦痛に関わりのあるものですから」ネアとて勿論、無残な死体は怖い

怖いけれど、それは所詮他人事なのである

ガゼットが怖かったのは自分が巻き込まれるかもしれない戦争を見たからだし、ここにあるのはもう少し個人的な死だ

あなたも好きかも:パチンコ パチスロ ライター
完結している以上、視覚的な不快感以外ではネアを脅かすものではない

「自分さえ無事なら、死は恐ろしくないか

なるほど、人間は強欲だな」「死は、となるのであれば最初からあまり怖くはないですね

あなたも好きかも:リング 終焉の刻 スロット やめ時
自分がと言うよりは、自分の大切なものが傷付いているのでなければ、特に感慨はありません

私には善人の要素が皆無なのです」一番怖い死体を見たことがある

それは、もう二度と自分の名前を呼ばず、決して目を開けない家族のものだ

特に両親のときは、事故で損傷したその亡骸をネアが確認しなければならなかった

確実に殺さねばならないという意志のもと行われた計画だったので、それは酷い、とても酷い事故だったのだ

そしてネアは、無遠慮な報道の一つで、ジーク・バレットのそれも見ている

とは言えそれは、真っ白な布から溢れた片手のみではあったが

「怖い死体は何だったんだ?」「弟と、両親ですね

……後は、愛しているかもしれないと思いながら殺してしまったひとや、その巻き添えで死んだ方々でしょうか」善人であれば、絶望しても己が死ぬことで終わりにしている

けれどネアは、他人を殺すことにして、尚且つ自分を終わりにはしなかった