あの花 スロット 昇格チャンス

あの花 スロット 昇格チャンス

自分が行けば助かるかもしれない兵士をただ見ているだけという事が

『……フン、何を言っている

そんなものは俺(・)も(・)同(・)じ(・)だ(・)

仲間の兵士は既に何匹も死に絶えている……民《たみ》を護るべき支配者が全体の指揮官と言う口実だけで見ているしかないとはな

しかし、そこに水を差すのは今戦っている者たちの行為に反するモノだ……者らは皆《みな》、覚悟を決めて戦場に居る

あなたも好きかも:スロット バラエティー
戦いで死ぬのなら、それが本望だろう……』 そんな黄竜に向け、苦々しく話すドラゴン

 その言葉からするに、ドラゴンも戦場に出て兵士たちの為に戦いたいようだ

あなたも好きかも:スロット 空の軌跡
 しかし、それをしてしまえば命を掛けて戦う者に失礼極まりない者となる

 今重要なのは、敵が起こすであろう最悪の事態を想定して《いくさ》を進める事

 それは不確定で定かでは無い

だがしかし、それを想定しなくては本当にそうなってしまった場合対処が出来なくなる

「……けどドラゴンさんよォ? そんな確実でも無い事の為に、自分の兵士を死なせるってのはどうなんですか? 確かに最悪の事態を想定した場合、今の犠牲が何かしらに繋がるかもしれない……それに、背後にある護るべき大樹……そこに行かせない為にも控えている必要があります……」『……?』 そこに、そんな言葉を聞いていたサイフが言葉を発した