物語 パチスロ

物語 パチスロ

むしろ、ガンディアの敵を見つけ出したいという欲求に駆られているくらいだ

たとえ実父ジゼルコートが敵で、その事実を発見することになったのだとしても構わないと想うくらいには、ジルヴェールはレオンガンドに忠誠を誓っていた

あなたも好きかも:ストリート ファイター 5 スロット
 しかし、いや、だからこそ、ジルヴェールは、アーリアの監視対象に入っていなければならなかった

 たとえジルヴェールが潔白であったとしても、ジルヴェール自身がガンディアの敵ではなかったとしても、その敵がジルヴェールに近づいてくる可能性は十分にあった

その敵が監視対象外の思わぬ人物であった場合、ジルヴェールを監視していなければわからないことだ

 エリウスやデイオン将軍、アルガザード大将軍を監視しているのも同様の理由だろう

あなたも好きかも:大和 高田 パチンコ
「一番の監視対象は、お父上ですが」「知っているさ」 残念なことに、ジゼルコートがもっとも疑われているのは、ジルヴェール自身が一番よく理解している

「それで、なにか収穫はあったのか?」「ジゼルコート伯がデイオン将軍にご執心だということくらいしか」「デイオン将軍に……ね」 ジゼルコートとデイオン将軍が急接近しているのではないかという話は、少し前から聞いていた

ルシオン王の戴冠式では、ふたりがよく談笑している様が見られた

話をするくらいならば普通のことだし、とるに足らないことだ

人前でもある

その程度のことで、急接近などとはいえまい

しかし、王都への帰還後も、ジゼルコートは事あるごとにデイオン将軍の元を訪れ、相談しているといい、ジゼルコートがデイオン将軍を頼みにしているのは明らかだった