ブラックジャック ピノコ エロ

ブラックジャック ピノコ エロ

なれば、その母体に拘らぬ理由がある筈もなかろう!」「んなっ⁉︎ な、なんだよいきなり大きな声出して

実際だれでも良かったんだろう? 僕にまで声をかけたくらいだし」 ギリっと歯軋りが聞こえた

たじろぐマーリンさんから視線をまたフリードさんへと戻すと、両拳を強く握り込みワナワナと震える姿があった

そ、そんなに拘りがあるの……?「そうだ、己はかつてお前に何度も求婚した

お前だけだ、あれ程にまで熱心に手に入れようと思わせた女は

あなたも好きかも:スロット 旧基準 復活
あの時己は確かに、お前が欲しくて欲しくてたまらなかったのだ——っ!」「うぇぇえっ⁉︎ な、なんだよ急に⁉︎ いや、まあ……うん、なんだ

あなたも好きかも:スロット ストライクウィッチーズ 評価
そこまで想って貰ってたとは知らなかったよ

わ、悪かったね……酷いことを言って

で、でもまたどうして僕なんかに……」 いやそりゃ、美人だからでしょ

え? 自覚あるんじゃなかったの? 綺麗なお姉さんだとか美人だとか自分で言って僕のことからかっておきながら、今更そんな……自分に自信が無いみたいな発言します? まあ流石にここまで熱烈な発言をされると考える人はそう居ないだろうけどさ

「——己はその髪に惚れた

雨に打たれた烏の様な、艶やかで淀みの無い漆黒の髪に目を奪われた

気弱でありながらも芯の通った強い瞳に心を惹かれた——っ」…………僕らは一体何を聞かされているんだろう……? あの……ごめんなさい、そういうのやめて貰っていいです? 本気で心折れるんで勘弁してください

きゅぅぅうっと締め付けられる僕の胸の痛みなんてそっちのけで、フリードさんは間髪入れずにマーリンさんへの口説き文句を垂れ流し続ける

やめてよ……そういうのやめ…………やめてよぅ……っ