初代ポケモン スロット 闇

初代ポケモン スロット 闇

吹き抜ける風は寒々しく、青ざめた空が頭上を覆い尽くしている

流れる雲はまばらで、太陽は見当たらない

「世界の果てか?」 彼はぽつりとつぶやいて、すぐさま苦笑した

荒野は、地平の果てまで続いているようだった

つまり、ここは果てではない

「死んだのかな? 俺……」 あまり実感はなかった

無論、瀕死の重傷を負ったのは確かである

あなたも好きかも:パチンコ エヴァ5
記憶に間違いがなければ、全身に大火傷を負ったはずだった

あなたも好きかも:リング スロット 歌
それは、生物にとって致命的なダメージに違いなく、死の宣告に等しいように思われた

 とはいえ、それもまた素人考えに過ぎない

浅はかな、医療の心得も持たない子供の戯言だった

あなたも好きかも:緋弾のアリア3 パチンコ トイレ
しかし、全身を焼かれたセツナの実感としては、死んだとしても、なんらおかしくはないのだ

「だとしたら、地獄だよな?」 つぶやいて、セツナは、軽く肩を竦めた