藤沢プラザ パチンコ

藤沢プラザ パチンコ

さっきまでの流れるような太刀筋ではない、ひと振りで確実に仕留めるための荒々しい一撃

体重が残っていない

足下は硬く滑る乾いた砂に、たった今撒き散らされた血潮が浮いて……マズイ! ガラガダの町に入った頃彼女が危惧していたのはこれか! 今、ゲンさんの身体は背後から現れた一頭の方に完全に流れてしまって、本来相手すべき二頭へ一太刀を浴びせるどころか防御もままならない姿勢だ

そんなことはきっと考えるまでもなく、野生の本能で察知したのであろう

二頭はとっくに飛びかかってきていて、奥で待ち構えていた二頭もこちらに向かって勢いよく飛び出してきている

あなたも好きかも:パチスロ コードギアス ボーナス終了画面
「〜〜〜〜ッ! 伏せろアギトォッ‼︎」 声の方を見るまでもない

がしゃんという音と共に、僕の目の前で魔獣に何かが投げつけられた

「くたばれクソッタレ——」 すぐにもう一発の投擲が放たれた

一つ目は液体の、ランタンの予備燃料が入ったガラス瓶だった

あなたも好きかも:pso2 カジノ つまらない
そして二つ目は—— Bang! と、効果音を書き入れるならそんな、洋画の爆発シーンのような効果音が入るだろう

あなたも好きかも:カジ旅 違法
音など聞こえる間も無く僕の耳はキーンという耳鳴りしか捉えられなくなって、目の前は真っ赤に燃え盛る轟炎に包まれた

洞窟を進まなければならない僕達にとってそれは大きな痛手ではあるものの、ランタンを犠牲にしただけで死の窮地を乗り切った

「ッッああクソ! 頭がカチ割れそうだ!」 ゆっくり体を起こして元気な悲鳴の方を見ると、後頭部を抑えて転げ回るゲンさんがいた

おそらく投擲の際にそのまま倒れたのだろう

というより、倒れながらでも出来る対処法が投擲だけだったとも言えるか

「大丈夫、それだけ元気なら多少割れてても平気さ」 どこか彼のオーバーなリアクションに影響されて、そんな似非洋画じみたセリフを吐いた

さっきまで苦痛に歪めていた顔を機嫌良さげな笑顔に変えて、馬鹿野郎と言いながらゲンさんは起き上がる

「しかしどうしたもんか