パチスロ フェアリーテイル エンディング

パチスロ フェアリーテイル エンディング

 クラーラの様子を見れば、そのドラゴンに会いに来たということは分かるので、逃げることがないのはすぐにわかった

 ちなみに、イグリッドたちはそのドラゴンがいることが最初から分かっていたのか、驚く様子は見せていない

 ただ、緊張した様子でカチンコチンになりながら歩いているだけだ

 当然ながらドラゴンが襲ってくる様子は見せていないので、考助たちはゆっくりとそのドラゴンへと近づいて行った

 そして、考助たちがだいぶ近づいたのを見てか、そのドラゴンは大きな頭を持ち上げた

「――――フム

ようやく来たか」 ドラゴンから聞こえてきたその声は、まるで地の底から聞こえてきたような重厚感のあるものだった

 その声に気圧されたように、考助とクラーラ、そしてコウヒとミツキ以外は、完全に黙り込んでしまった

 そんな周囲の様子に頓着せずに、クラーラが気楽な様子で話しかけた

あなたも好きかも:パチスロ 化物 フリーズ
「なにが、ようやくよ

あなたも好きかも:八王子 パチンコ おすすめ
こんな奥地にいることを選んだのは、あなたでしょうに」「仕方あるまい

あなたも好きかも:ritz パチンコ屋
儂は、そうそう気楽に姿を見せられるはずがないからな」 それは、そもそもが巨体だからというだけではなく、姿を見せれば様々な生物に影響を与えるからだということに、考助はしっかりと気付いた

 それほどの存在感を、目の前のドラゴンは発しているのだ

 考助が挨拶の言葉を言おうとしたその瞬間、そのドラゴンが考助に向かって小さくその大きな頭を下げた