レベリング ルーレット 経験値

レベリング ルーレット 経験値

ミラは頭を深々と下げ、僕は彼女に引っ張られて小屋を後にした

納得が、いかないぞ!「……成る程

あなたも好きかも:スロットマシン フリー
現魔術翁が見せたかったもの、ね

中々面白い人だったじゃない?」「……全然面白くない

一体なんだってあんな人に……」 グチグチも言いたくなる

別にどちらの魔術翁も悪く言うつもりは無かったが、ミラはそんな僕の態度が気に食わなかったのか少しだけムッとして僕の足を軽く蹴った

「バカアギト

分かんないの? あの人は平然と笑っていたけど、獣人だなんて大っぴらにしてまともに生活が送れるわけないでしょ? 百何年、今に至るまで誰からも理解されずに生きて来たのよ」 彼女の言葉に僕はハッとした

僕からしてみれば魔術があって、魔獣がいて、なら獣人くらいで驚くものでも……と、受け入れてはいたが

あなたも好きかも:パチンコ お化け ランド
魔獣がいて、それが自分達の生活を脅かしていて、それと似た様なモノが居れば人は簡単にソレを迫害するのだろう

例え自分達と同じ様に言語を介し、コミュニケーションを取ろうと歩み寄って来ているのだとしても

「それでも笑ってた

それはあの人の中に確かな正義があるから